NEWS

リードリサーチサイエンティストのTiago Ramalhoがアメリカで開催されるカンファレンス ICLR 2019(International Conference on Learning Representations)にて論文を発表いたします。[2019.5.6-5.9開催]

Cogent Labsのリードリサーチサイエンティスト Tiago Ramalhoは、5月9日からアメリカ・ニューオーリンズで開催されるグローバルAIカンファレンス ICLR(International Conference on Learning Representations)にて、研究論文(タイトル:Adaptive Posterior Learning: few-shot learning with a surprise-based memory module)を発表いたします。ICRLは2013年よりスタートした、表現学習がメインテーマのグローバルカンファレンスで、今年で7回目の開催です。

論文の内容に関しては、こちらのブログで公開しております。
https://www.cogent.co.jp/blog/learning-to-classify-anything-with-a-hybrid-model/

セッション概要
タイトル:Adaptive Posterior Learning: few-shot learning with a surprise-based memory module
講演者:Tiago Ramalho・Marta Garnelo
日程:2019年5月8日(水) 11:00-13:00
場所:Great Hall BC #65
詳細:https://iclr.cc/Conferences/2019/Schedule?showEvent=988

カンファレンス概要
名称:International Conference on Learning Representations 2019
場所:Ernest N. Morial Convention Center, New Orleans, US
日程:2019年5月6日(月)〜5月9日(木)
詳細:https://iclr.cc/

社名:株式会社 Cogent Labs(コージェントラボ)
代表取締役:飯沼 純、エリック ホワイトウェイ
所在地:〒150-0034 東京都渋谷区代官山町20-23 TENOHA LAB
新オフィス所在地:〒150-0034 東京都渋谷区代官山町 16-4 東急百貨店ユニオンセンター1階
URL:https://cogent.co.jp/
事業内容:最先端の人工知能の研究・開発と関連ソリューションサービスの提供

本件に関する報道関係者からの問い合わせ先
株式会社 Cogent Labs
Tel:03-6773-1836
メール:[email protected]